タップして閉じる
東京都品川区西五反田のパーソナルトレーニングジム・ラクエル マンツーマン指導

公式ブログ

2020/04/03
  • トピックス
  • 食事日記
  • 鶴田学ブログ

毎日こんな食事をしています。

こんにちは。
ラクエルの鶴田です。

皆さまは日々、
どんな食事を摂っていますでしょうか?

新型ウイルスの影響で
免疫力を高めること(落とさないこと)
が大切なキーワードとなっていますね。

免疫力を大きく左右する
毎日の習慣のひとつが食事です。

今回は皆さまの食への意識を
強化するきっかけになればと思い
「健康と遊び心」を愛してやまない鶴田の
1日の食事を紹介させて頂きます。

少しでも明るい気分をお届けしたいので
あえて軽めのトーンでいきます!

 

自分の得しか考えない人間です!

私の1日の食事は
だいたい冒頭の写真のような感じです。

健康オタクゆえ、
よく会員の皆さまからは
「鶴田さんは仙人みたいな食生活をしていますね。」
と言われますが

実際は『自分がいかに得をするか』
しか考えていません。
(詳しくは後ほど)

そして、
ひたすら手を抜くことを考えて
それほど労力をかけていません。

私の食事の目的は、

  • 健康を維持できるかどうか
  • 働くためのエネルギーになるかどうか
  • 体型を維持できるかどうか

の3つです。

別の言い方をすると…

  • 体調を崩したくない
  • 疲れたくない
  • 体型が崩れたら嫌

自分が損をしたらもったいない
というのが根本的なモチベーションです。

そのためのルールとして

  1. 野菜を摂る
  2. タンパク質を摂る
  3. 味わって食べる

ということを
毎日ひたすら繰り返しています。

「そんな食生活をしていて楽しいんですか?」
と言われてしまうかもしれませんが…

これを読んでいる方だけに
こっそりお伝えします…

『体に良い』と『美味しい』は
ほとんどの部分が一致しています。

そして、
『体に悪い』と『つまらない』も
長い目で見るとだいたい一致します。

 

 

● 朝食は”即席”一汁三菜

朝ごはんは

  • 玄米
  • 焼き魚(たんぱく質)
  • みそ汁(野菜)
  • サラダ(野菜)
  • 豆乳(たんぱく質)

独身のときから
ずーっとお決まりのパターンです。

サラダはちぎってお皿に乗せるだけ
魚はグリルを汚さず焼いて
なるべく洗い物の手間も掛けないようにします。

手間は掛けませんが
朝は一日のホルモン生成のために
ビタミンの摂取が必要な時間帯なので
野菜の量はしっかり多めに摂ります!

喉が渇いている時は
水が美味しく感じるように

朝、体が欲しているビタミンを
しっかり補給できると
体が元気になるだけでなく

脳が感じる満足度に断然差が出ます。

結果的に1日の食事量にも影響するので
ダイエットにも役立ちます。

ちなみに、
免疫力を高めるためには

  • 野菜が主役
  • タンパク質が脇役

と考えて頂いて良いと思います。

すべての食事で
この2つを揃えることを考えて下さい!

 

● 間食を午前中に1回摂ります

午前中に間食として
コンビニのコーヒーとスイーツを摂ります。

コーヒー(暖かい飲み物)もスイーツも
気分をホッとさせてくれる強力なツールです。

レッスンと事務作業で
意外と毎日あくせくしているので
集中力アップと気持ちのリセットに役立っています。

ただし、
間食は理想体重を維持できる
カロリー内で取ることが鉄則。

後で書きますが
”間食の闇鍋状態”が一番のNGです。

午前中の間食は1回、
もしくは体重を積極的に落としたいなら0回!

空腹は胃腸を休める
大切な時間なので
空腹感を楽しみながら
お昼まで乗り切りましょう!

 

● 昼食はいつも外食です

以前はお弁当を作っていましたが
今は完全に外食ばかりです(^^;

最近は信濃屋プラスさんを
ヘビーユーズさせて頂いているので
野菜もたんぱく質も満点。

他のお店に行く時も
カレーにはほうれん草を
ラーメンにはネギをトッピングして
必ず野菜を摂るようにしています。

ビタミンの中には
3~4数時間経つと体から
排泄されてしまうものもあるので
1日を健康に疲れずに乗り切るためには
毎食ごとに野菜を補給する必要があります。

五反田の地域誌のコラム
にも書かせて頂きましたが
今では外食でも野菜・たんぱく質を
しっかり摂れるお店が沢山あります。

外食でも必ず野菜1品を!

 

● 午後も間食を一回摂ります

「鶴田さんは、自分ばかり間食を摂ってズルい!」

という声が聞こえてきそうですが…
午後にもう一回間食を摂ります!

先ほども書きましたが
”間食は理想体重を維持できる
カロリー内で取ることが鉄則”

ですので、
「体型を維持できる範囲」であれば
この最高の癒しツールを
楽しまない手はありません。

一番のNGは、
1日でどのくらい間食を
摂っているのか把握できていない
『間食の闇鍋状態』。

「食べていないのに体重が減らない」
という方の多くはこのパターンです。

せっかくの間食ですから
『闇鍋』ではなく
ご自身の好きなものを
量と回数を明確にして食べましょう!

量と回数が一旦明確になれば
その後は理想体重を目指して
100~200kcalの微調整をしていくだけ。

体重が減って
満足感が増えるという
幸せな毎日が訪れます(^^

 

● ちょっと変則的な夕食〈その1〉

いよいよ私の1日の食事も
終盤に入ってきました。
もう少しだけお付き合いください!

間食を2回摂っている私ですが
実は夕食も2回摂っています。

(ブーイング、OKでーす^^)

仕事の都合で帰宅が
22:00を過ぎることが多いので

  • 太らないため
  • 寝ている間に胃腸を疲れさせないために

帰宅後には
炭水化物は摂らないようにしています。

そのため
夕方の5~6時に牛丼を食べて
炭水化物を補給しておきます。

帰宅が遅い問いは
食事を摂らずに我慢してしまうと
ドカ食いにつながる可能性が大なので
夕食を2回に分けて摂るという選択が賢明です。

牛丼だと重い場合は
サンドイッチやおにぎり
ソイジョイなどもオススメです。

 

●夕食〈その2〉は野菜料理・肉料理・お酒

そして、最後の食事!

夕食〈その1〉で摂れなかった
肉料理と野菜料理を
それぞれ1品ずつ食べます。

これで
疲れない・太らないための
栄養素はバッチリ!

大好きなお酒を1杯だけ飲みながら
テレビを見つつ
のんびりと食事に癒されます(^^

 

● 〇 ● 〇

 

長くなりましたが^^;
こんな感じの食を
私は毎日、淡々と楽しみながら
健康や体型を維持しています。

「美味しい」は、ともすれば
「ガッツリ・こってり・甘い」
と捉えられてしまいがちですが

実際はそれだけでは
充分な満足感を得ることはできません。

ぜひ「美味しい」と「体に良い」が
重なるような感覚を日々身につけていってください。

良い食事をすれば
絶対にウイルスを
防げるわけではありませんが

どんな状況でも
自分のためになる正直な行動を積み重ねることが
心身とも健やかにいるコツではないかと思います。

  1. 野菜を摂る
  2. タンパク質を摂る
  3. 味わって食べる

を行いながら
楽しい食を毎日続けていきましょう!