タップして閉じる
東京都品川区西五反田のパーソナルトレーニングジム・ラクエル マンツーマン指導

公式ブログ

2018/07/15
  • トピックス
  • 鶴田学ブログ

ダイエットコラム解説版④-1 野菜はダイエットの最強助っ人!

皆さま、こんにちは。
パーソナルトレーニングジム・ラクエルの鶴田です。

トレーナー情報誌に掲載中の
ダイエットコラムvol.4「食事における1割の努力」

今回は、
①野菜を食べる事のメリット
②ゆっくり食べる事のメリット
をお伝えさせて頂きました。

欲張ってテーマを2つ詰めてしまったせいで、
本文はギュウギュウになってしまいましたが…

解説版では一般の皆さまにも分かりやすいように
補足させて頂ければと思います。

.

ダイエットの影の立役者、野菜!!

ダイエットがなかなか上手くいかない方に共通しているのが、
野菜を充分摂れていない場合が多いということです。

朝はグラノーラとヨーグルト。
昼はパン屋さんのサンドイッチとコーヒー。

カロリーは少ないのでやせるはず!と思っていても、
実はやせにくい食習慣に陥ってしまっていることは少なくありません。

野菜に含まれるビタミン・ミネラル・食物繊維は、

  • 脂肪の分解・燃焼を促す
  • 腸内環境を整え脂肪を合成しづらくする
  • 食べ過ぎの原因になるストレスを緩和する
  • 適正な満腹感を感じられるようになる

などダイエットの下地作りに欠かせない働きがあります。

カロリーを気にすることは大切ですが、
それと同じくらい、野菜をどのくらい摂取できているかも重要なのです。

これまで多くの方のダイエットをサポートさせて頂く中で、
野菜の摂取量がだんだんと増えて
食事バランスが整うほど、
細かなカロリーを気にしなくても自然と痩せていく
という方が多いように見受けられます。

.

どのくらい野菜を摂れば良いか?!

野菜の摂取量は、
厚生労働省が示している
1日350g以上を目標にしていただき、

350gの中で、

赤(トマト)
緑(ほうれん草)
薄緑(キャベツ)
といくつかの色を摂って、


葉物(小松菜)
実物(ナス)
根菜(ごぼう)
というように形の種類も豊富に摂ることを気を留めてみてください。

以上のポイントを抑えることがで、
先ほど挙げたやせるための下地が徐々に出来ていきます

1日350gは、
70gの野菜料理を1日5皿食べれば
摂ることができます。

こちらのページを参考にして頂くと
70gのイメージがつきやすいと思います。
8月31日は野菜の日!一目瞭然、見て学ぶ野菜摂取量upのコツ

350gの振り分けは、
● 朝、野菜2品
● 昼、野菜1品
● 夜、野菜2品
を目指して頂くと比較的楽だと思いますが、
まずは朝昼晩、必ず1品ずつ野菜を摂る!
と思って頑張って下さい。

目が肥えてくると、
カレーや丼ものの中にどのくらい野菜が入っているかも
だいたい分かるようになってきます。

ぜひ野菜量マスターを目指してください!!

.

野菜も手間なく始めるのが肝心!!

これまでコラムで紹介してきたように、
野菜の摂取についても、
一時のテンションに任せて急に頑張るのではなく、
「このくらいなら、いつもできそう。」
というレベルの目標設定をしてください

ラクエルの会員さんの例を挙げさせて頂くと、

  • 宅配野菜で1週間分のミニトマトを注文して毎朝4個たべる
  • インスタントのカップスープにほうれん草の葉をちぎって入れる
  • ジューススタンドの野菜スムージーを毎朝飲む(※コンビニの野菜ジュースはNG)

といった感じで、野菜習慣をスタートされています。

人は「これは良い!」「自分のためになる!」とさえ思えば
自然と物事を継続できるものです。
その為に、初めは手間を省く事にこだわって
面倒くさいと思わない状況を作りましょう

野菜を摂ることで
体調が良くなり、疲れにくくなり、
ダイエットのストレスや我慢からも解放されるようになります。

野菜はダイエット迷宮から抜け出すキーアイテムです!!

.

● 〇 ● 〇

.

最後にひとつ。

野菜は高い…
ということがネックにもなりますが、
その瞬間だけバカになって
スーパーでは迷わず野菜を買って下さい!
外食でも迷わず野菜を追加してください!

数百円(もしくは数十円)高くなりますが、
それは結果として、
痩せる・健康になる・より良いパフォーマンスの自分になる
という値段以上のリターンとして自分に返ってきます。

野菜はたぶん、
人類が生まれた時からずっと
生きるために欠かせないものとして選択し続けてきたものだと思います。

私たちが本来持っている
パフォーマンスやコンディションを維持するために、
自信の持てる体になって、日々いい気分で過ごすために
生活のお供として野菜をいつも身近に置いてください!

次回はもう一つのテーマ、
ゆっくり食べる事のメリットをお伝えしたいと思います。