タップして閉じる
東京都品川区西五反田のパーソナルトレーニングジム・ラクエル マンツーマン指導

公式ブログ

  • 食事日記
  • 鶴田学ブログ

健康・美容を支えるタンパク質を 朝食からしっかり摂る

DSC_10104

こんにちは。
ラクエルのパーソナルトレーナー/オーナーの鶴田です。

皆さま、朝ごはん食べましたか?
朝食は多くの方にとって、一日を元気に乗り切るために必要なもの。
そして、痩せやすい体を作るために必要なものです。

私の朝ごはんはいつも写真のような感じです。

  • みそ汁
  • 玄米
  • サラダ
  • 果物
  • 焼き魚
  • 豆乳

結構な品数ですよね。
そしてカロリーもある程度摂っています。
一日のカロリーバランスの話はまたの機会にお話させていただくとして…

今日のお題はタンパク質です。

ご存知の方も多いと思いますが、
タンパク質は筋肉、髪の毛、肌など身体の大部分を作る材料になっています。
さらに、脳、免疫抗体、血液成分などにも利用されていて、
日々の健康や美容を維持するためには欠かせない栄養素です。

体内のたんぱく質は常に合成と排出を繰り返しているので、
量が不足すると肌荒れ、髪のパサつき、免疫低下、体力低下などを引き起こします。

ですので、1日3食、定期的に必要な量を体へ補給することが
疲労軽減や風邪の予防、髪・肌をキレイに保つために必要になります。

 

1食当たりの目安量はだいたい以下の通り。

【女性】

  • 焼き魚一切れ
  • 肉野菜炒めなど、肉70g以上使っている料理一品
  • 納豆 + 卵
  • ウインナー + 豆乳

【男性】

  • 焼き魚一切れ + 卵・納豆・豆乳などもう一品
  • 肉野菜炒めなど、肉70g以上使っている料理一品 + 卵・納豆・豆乳などもう一品
  • ハンバーグ・チキンソテー・ステーキ・焼き肉・しゃぶしゃぶ等、肉100g以上使っている料理一品

体重が増えなければそれ以上に摂っても問題ありません。

 

ちなみに上の写真では、

  • 焼き魚 + 豆乳

が主なたんぱく源で、

  • 味噌汁、玄米

にも少量含まれています。

 

特に朝食は時間に追われることも多くですが、
ウインナー・納豆・豆乳など手間の掛からないものを活用すれば
そんなにハードルは高くありません。

健康・美容のために朝食からタンパク質を充分摂る。
そんな習慣をぜひ作っていきましょう。