タップして閉じる
東京都品川区西五反田のパーソナルトレーニングジム・ラクエル マンツーマン指導

公式ブログ

2018/01/25
  • トピックス
  • 食事日記
  • 鶴田学ブログ

日乃屋カレーで健康なランチを食べる

皆さま、こんにちは。

パーソナルトレーニングジム・ラクエルの鶴田です。

 

2018年、1回目の食事日記です!

今回ご紹介するのはカレー!!

 

カレーと言えば、日本の国民食と言えるほどの人気メニューですね。

ラクエルの界隈にも人気店がいくつかあります。

そのうちのひとつが今回ご紹介する日乃屋さん。

 

人気お笑い芸人のケンドーコバヤシさんもファンだと公言しているこのお店。

『始めは甘く、後から辛い、余韻残りしカレールー』という

素敵なキャッチコピーのとおり、スッキリ美味しく食べることのできるカレーです。

 

その美味しさもさることながら、

私が日乃屋さんを気に入っている理由は、

栄養バランスの良いカレーをオーダーできること!!

 

炭水化物の量を調節できる!

通常、外食のカレー屋さんは、

普通盛りご飯の量が200~300g。

これは女性の場合、2~3人分の量になります。

 

普段の食事で、お茶碗2杯も3杯もお米を食べる方は少ないと思いますが、

カレーの場合はなぜかサラッと食べることができてしまいます。

これが「カレーはダイエットに良くない!」とされている一つの原因と言えます。

 

日乃屋さんのカレーは通常のメニューの中に、

ごはん普通盛りと一緒に、『ごはん7分盛り』のメニューも用意してくれています。

しかも100円引き!!

 

私は筋トレの後に寄ることが多いのですが、

男性のトレーニング後の食事としても、

ごはん7部盛りで必要な炭水化物を充分摂取することができます。

 

もしかしたら、頼めばごはん半分盛りもしてもらえるかもしれませんので、

女性もカロリーを気にせずに、ランチに使っていただいて良いと思います。

 

野菜もしっかり摂れる!

そしてもう一つ良いところが、

野菜をトッピングできること!!

 

野菜3種盛り、ほうれん草があります。

(私はいつもこの2つしか見ていないのですが、他にもあるかもしれません!)

外食のランチメニューの場合、野菜は比較的量が摂りにくいことが多いので、

1食100g摂れていれば上出来と考えて良いと思います。

 

カレーのルー自体にも野菜が使われているので、

どちらか一品をトッピングすれば摂取量はOK!

 

 

ダイエットにも筋力アップにも役立つ!

チキンカレーを選んで、

ごはんの量を、先ほどの7部盛り(または5部盛り)にして、ほうれん草をトッピングすれば、

タンパク質も摂れて野菜の量も確保でき、

ご飯の量は少なめの良い栄養バランスの食になります。

 

ダイエット中もタンパク質と野菜の必要量を摂ることは大切ですので、

無理に我慢するのではなく、カレーも上手に利用してみて下さい。

 

男性で筋肉量を増やしたい方は、

チキンカレーにチーズをトッピングしてタンパク質の量をアップすれば、

バルクアップ用の食にもなります!

 

● 〇 ● 〇

 

褒めちぎっていますが、

決して日乃屋さんの回し者ではありませんので(^^;

安心してご利用ください!!

 

健康は第一の宝です!

 

Instagram